ブログタイトル変えました(^O^)嵐好きのきまぐれ日記。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
10年分の。

ARASHI 10th Anniversary

10年・・・。長いようで、短いようで。嵐と一緒に過ごした10年間。
嬉しいことも、楽しいことも、時には悲しかったり、怒ったりもした。
ただひとつ、絶対に間違いないのは“嵐をすきでよかった”ということ。
そしてこれからも、11年・12年・13年・・・嵐と一緒に歩んで行きたい。

これからも嵐がたくさんの人に愛され続けますように。
嵐が、5人が、もっともっとキラキラ輝いていきますように。
ずっとずっと笑顔の絶えない嵐でいてね。

心を込めて10年分の
ありがとう     だいすき!

5人が、嵐でよかった。

11年目もよろしくね。
改めて、10歳の誕生日ほんとにほんとにおめでとう!

2009.9.15-16

“もう一度あの日に戻るとしても、同じ道選ぶだろう”

うん。私もだよ。



長くなりますが、加筆しました。



早朝、テレビであの衝撃的な結成会見を見た日から10年、ですか。
今年は雑誌等で嵐の10周年特集を読んでるときに“10年”を考える機会が多くて
その度に思うのは、メンバーも言っている通り「長くて短い」10年だったなってこと。

年齢的な10年というと、嵐は高校生からアラサーになり(笑)。
私は小学生だったのが、成人して、就活する大学4年生になった。
こうやって考えると、10年ってすごい日数だなって思うよね。

だけどこの10年のこと振り返ってみると、全てがついこの間のことみたいで。

なんでこのメンバーなんだ?って思ったのも。
スケスケ衣装に驚愕したのも。
嵐ってなんでこんなに人気出ないのって不安に思ってたことも。
潤くんや翔くんがつんつんガツガツしていたのも。
ムービングステージに感動したのも。
Oneコンがものすごく楽しかったことも。
アジアツアーに正直あんまり実感が持てなかったことも。
初めてのドーム公演でものすごく複雑な感情を覚えたことも。
初めての国立でそんな複雑な思いが一気に吹き飛んだことも。

なんだか本当に昨日のことのように思えてしまう。
でもやっぱりこうやって思い出すと、しっかりと10年の歴史が詰まってるんだよね。

嵐に関する10年は、とても不思議な感覚。言葉では表せない。

そしてここ2年程の嵐の人気は、正直最初はものすごく戸惑った。
ちょうど、嵐とファンの関係(距離)が築かれたって思えてた時期だったからかな。
それまでと同じように“嵐は近くに感じられる存在”だと思っているから
人気が出たことは嬉しいのに、手が届かなくなるような寂しさを覚えて。
せっかく近づいたと思ったらすぐに遠くなっちゃった、みたいな。
嵐に関するものは“必死にならないと”手に入れられないような雰囲気とか。
そうゆうのが一気に押し寄せてきて、状況が飲み込めなくて。
そしたら、それまではあれだけ「人気が出てほしい」って思ってたのに
「なんでこんなに人気になっちゃったの」なんて思い始めちゃったりして。

だけど嵐はそれまでと変わらず、むしろそれまでよりももっと
私たちの近くに行けるように、気持ちが届くようにしてくれていた。

それがやっと最近かな・・・まぁまだ戸惑うことも多々あるけど。
CDの売り上げとか、世間の認知度なんかを素直に喜べるようになった。
特にそう思えるようになった大きなきっかけは、去年の国立コンだろうな。
嵐の発する愛は、私の想いなんかより遥かにデカイって気がついた。


嵐の5人は常に前を向いて進んでいて。
困難な道のりも、回り道せずに着実に進んでいく。
どんなにパワーアップしても、いい意味で変わらない。
変わっているのは嵐の周りであって。
5人はいつも「変わらずここにいるよ」って言ってくれてる。

そして応援している私たちに、私たち以上に大きな愛を向けてくれる。
どんなに人気になっても、決して周囲への感謝を忘れない。
ずっとそんな嵐でいてね。




コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© put your hands up!. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。